2009年05月11日

栄養とサプリメント

すいません、だいぶ更新をサボってしまいました(^^;

さてさて、今回はちょっとお勉強の時間です。
そもそも栄養ってなんのなの?ってお話。
ダイエットとは切っても切れない話ですが、軽ーい気持ちで読んでくださいね。

【そもそも栄養って何のために必要なの?】
もちろん、身体を成長・維持、機能させるために必要なものです。
「炭水化物」「たんぱく質」「脂質」を3大栄養素といいます。
「脂質」って脂肪じゃぁ・・・って思う人もいるかも知れませんが、大切な栄養ですから、適度に取らないといけませんよ(^^
他にも、「ビタミン」や「ミネラル」を補給しないと身体は正常に機能しなくなっていきます。ありていに言ってしまえば、病気がちになるってことですね(^^;

【ダイエットに必要な栄養は??】
このブログでは、根本的に、「有酸素運動で脂肪を燃焼させる前に燃焼させる機関である筋肉を正常に働かせ、増やす」ことを目標にしています。
ので!
まずは「たんぱく質」を適度に摂取してください!
といっても…お肉で取ろうとするともの凄い量を食べなくてはならず、その分余計な脂質を摂取してしまうことになります。
そこで登場するのが「プロテイン」。
これは、大豆や牛乳からたんぱく質を取り出し、ミネラルなどを加えた栄養補助食品です。水に溶かして飲むものが多いですね。
オススメは、後ほど、ご紹介します(^^

次に重要なのは「炭水化物」いわゆる「糖分」にあたるものですが、身体を動かすのに必要なエネルギーの中でもっとも早く消費されます。
また、「脂質」も適度に取ってください。

上記3大栄養素は運動後にはきっちりと「消費カロリーより少し多いかな?」位とってください。もし、ここで摂取を怠ると筋肉中のエネルギー(グリコーゲン)を使用してしまい、筋肉が痩せてしまいます(^^;

【他に必要なものは?】
まず、水分をしっかりと取ってください。
ジュースやコーヒーなどを飲むなとは言いませんが、なるべく水もしくは白湯を摂取するようにすると、血液が綺麗になるような気がします(これは管理人の感想です。特に科学的根拠は有りません^^;)

あとは、いわゆる「ビタミン・ミネラル類」ですね。
特に、ビタミンもミネラルも体内で生成されないものがありますから、しっかり摂取するようにしてください。
代表的なものを列記します。基本は食品からの摂取ですが、それだけでは足りないので、サプリメントの併用をオススメします。女性は特に亜鉛や鉄分が不足しがちなので、しっかり取ってくださいね。
では、一気に行きます。
・ビタミンA
皮膚や粘膜を丈夫にしたり抗酸化作用をもつビタミン
・ビタミンB
新陳代謝の機能をアップします
・ビタミンC
抗酸化作用をもち、カルシウム・マグネシウムを定着させるのにも使用されるビタミン
・ビタミンD
数少ない人の体内で作られる成分。ただし、日光浴が不可欠です(^^
また、カルシウムとも深い関係があり、不足するとカルシウムを上手に使うことが出来なくなるので、要注意です。
・ビタミンE
血行を良くすると同時にホルモンバランスの維持に効果があります。
・カルシウム
筋肉を効率よく働かすため、また歯・骨や筋肉を作るのに必要なミネラル
・マグネシウム
神経伝達機能に必要なミネラル。また、カルシウムと同様に筋肉の収縮や、骨・筋肉を作るのにも必要。
・亜鉛
タンパク質の合成に働くミネラル。免疫力の向上や新陳代謝の効率化に役立ちます。
・鉄
血液を作ります。といっても、血液そのものを作るのではなく、「赤血球」を作るために必要なのです。

といったところでしょうか。
他にも栄養素はありますが、興味のある人は調べてみてくださいね。

では、また次回・お会いしましょう!

オススメ栄養補助食品 >>>
posted by TAKASHI at 15:04| Comment(50) | 健康的に痩せる理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

【ダイエット第2回】筋肉が目覚め始めたら・・・

ちょっと更新が遅れてしまいましたが・・・

【ダイエット第2回】です。
ストレッチは毎日続けていますか?
一日10分でも続けることが大事ですよ!

さて、次に何をするかといえば・・・
無酸素運動、いわゆる『筋トレ』です。

「えー、キツそう!」と思ったあなた!
別にボディビルダーになるような激しい運動は必要ないんです。
ほんの少しだけ、今より筋肉を太くして、基礎代謝を上げるのが目的です!

例えば・・・
「胸の筋肉を鍛えるならば膝をついた状態での腕立て伏せで10〜15回を2セット」

「腹筋なら体育座りの体勢から上半身を寝かせ、『腹筋だけで』おへそを覗き込むように起きるを10〜15回の2セット」

「二の腕を引き締めるなら、500mlのペットボトルに水を入れて手に持ち、その腕を耳につけるように上げ、肘から先を背中に落として、持ち上げる動作を5〜10回×2セット」

というような感じで無理のない回数で2〜3セット行えばいいのです。
え?10回もできない?
必ず10回やらなきゃいけないわけではありません(^^
自分ができる範囲で限界の6割から7割程度の回数でいいのです。

なので、まずは自分の限界回数を調べておきましょう!

ちなみに・・・運動後に「プロテイン」を飲むと筋肉の付が早くなりますよ(^^

【注意】運動の前後は必ずストレッチしてくださいね!

次回は運動の種類とプロテインなど栄養のお話をしたいと思います!
筋トレオススメグッズ
posted by TAKASHI at 13:28| Comment(0) | 健康的に痩せるには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

【ダイエット第1回】まずは何から始める?

さて、これから実際にどうすれば健康的に痩せられるかを、管理人の独断と偏見で書いていきますw

あなたは運動不足と感じていますか?
仕事柄1日中座りっぱなし、立ちっぱなしなど同じ姿勢を長時間続けていませんか?

そんなあなたにも、軽く運動してるんですけどって人にも実践してもらいたいのが「ストレッチ」。
ストレッチによって今まで使っていなかった筋肉に刺激をあたえ、筋肉に「働く」ということを思い出させます。

何でストレッチなんだって?
いきなりジョギングやら筋トレなんかしたら、辛くてすぐやめちゃう人が多いからです(^^;
でも、ストレッチなら簡単にできるので、日々の習慣に取り入れることもできます。
かく言う管理人もお風呂上りには必ずストレッチしています(^^

基本的には体育の時間に行っていた「柔軟体操」をイメージしてもらえればOK。

できればお風呂上りにゆったりとした気持ちで、身体の力をできるだけ抜いてゆーっくり各筋肉を伸ばしてあげてください。
くれぐれも反動をつけないでください。反動をつけてストレッチするとキツイし、何より筋が伸びたり、怪我しちゃうこともあるので(^^;

ストレッチする時の注意事項をもう少しだけ。
できるだけ深い呼吸を心がけてください。深く呼吸することによって、全身の筋肉に酸素がいきわたり、より柔軟で代謝の高い筋肉に変化していきます。できれば腹式呼吸が理想的です。
あと、ストレッチの際には絶対呼吸を止めないででください。
酸欠で倒れます(--;
ストレッチ時の呼吸方法は吸うときは姿勢維持、吐くときに筋肉をユーっくりと伸ばしてください。

これを毎日、2週間から3週間続けると運動に適した身体に変化してくるはずです。さらに、筋肉がこわばることが少なくなり、血行が良くなるので、肩こりも改善されます(^^

毎日少しずつでも実践してみてくださいね♪

では、ダイエット第2回でお会いしましょう!

ストレッチにオススメの本
posted by TAKASHI at 14:59| Comment(0) | 健康的に痩せるには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

ダイエット、一番先にやせるのは?

突然ですが、ダイエットで失敗したことありませんか?
食事制限や最近ではバナナダイエットや骨盤ダイエットがはやってますよね。
しか〜し!
管理人はこういった制限のあるダイエットには大反対です!※骨盤ダイエットは一定の評価をしていますw

ダイエットで一番大切なのは「代謝」とりわけ「基礎代謝」が大切です。
じゃあ、「代謝」って何?
「代謝」というのは、身体に入った物質の吸収・排出のこと。
入ったものが出て行くのは当たり前ですよね♪
エネルギーの消費と考えてもらってOKです。
で、「基礎代謝」っていうのは、日常生活時に常に起きている代謝のこと。これは、起きてても寝てても呼吸をしている限り、一生行われます。
この「代謝」が悪いと、はっきり言って痩せませんw

食事制限はプロボクサーで言うところの「減量」と言えばいいでしょうか。

さて、ここからが本題。
もし、あなたが全く運動せずに食事制限などだけで痩せようとしているなら、どこが一番先に痩せるのか。
・・・
・・・
答えはは「筋肉」です。
筋肉はエネルギー消費が一番高い部分です。
しかも、適度な刺激を与え続けないと、筋肉は必要最低限まで「細く」なってしまいます。
筋肉が細くなってしまえばエネルギーの消費が落ちる(基礎代謝が低下する)ので、食事制限をしていてもちょっと油断しただけでいきなりリバウンドしますw
しかも、食事制限では摂るべき栄養素が不足がちになります。

これらを踏まえて次回から「健康的に痩せる」を目標に書いていきたいと思います!
posted by TAKASHI at 12:34| Comment(9) | 健康的に痩せる理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。